同志社大学・実証に基づく心理・社会的トリートメント研究センター:Center for Wing of Empirically Supported Treatments

研究論文

ここでは,WESTメンバーの関連する主な論文の情報を紹介しています。
詳細な内容につきましては,著者の先生方にお問い合わせ下さい。
 
石山裕菜・及川昌典・ 及川晴・ 鈴木直人(2020). クラスメイトとの葛藤体験を表現筆記することが小学生のストレス反応やテストパフォーマンスに及ぼす効果 日本教育工学会論文誌,43,409-420.
石山裕菜・ 鈴木直人・ 及川昌典・ 及川晴(2020). 表現筆記が防衛的悲観主義者のパフォーマンスに及ぼす影響:認知方略による調整効果の検討 教育心理学研究,68,1-10.
佐田久真貴・谷 晋二(2007).被虐待児と母親への包括的支援 行動療法研究,33,59-73.
伊藤 久志・谷 晋二(2011).二分脊椎症と特定不能の広汎性発達障害を伴う児童の排尿訓練――課題分析に基づく指導事例―― 行動療法研究,37,105-115.
谷 晋二・大尾 弥生(2011).ABA基礎知識理解到達度テスト(TK-ABA)の作成と妥当性の検討 行動療法研究,37,105-115.
谷 晋二(2012).発達障がい児の保護者支援――保護者のレジリエンスを高めるACTの子育て―― 臨床心理学,12,647-657.
谷 晋二(2012).精神科入院治療における認知行動療法の第一歩 日本精神科病院協会雑誌,31,12-17.
谷 晋二・北村 琴美(2013).発達障がいのある子どもを持つ母親に対するACTの実践 自閉症スペクトラム研究実践報告集,10,5-13.
谷 晋二(2013).自閉症スペクトラム障害の支援技法の総括と今後 精神療法,39,364-370.
岡島純子・谷 晋二・鈴木伸一(2014).通常学級に在籍する自閉症スペクトラム障害児に対する社会的スキル訓練――般化効果・維持効果に焦点を当てて―― 行動療法研究,40,201-211.
谷 晋二(2015).症例検討の必須事項 行動療法研究,41,13-18.
谷 晋二(2015).ACTを用いた発達障がいの親子の支援 精神療法,41,46-52.
谷 晋二(2016).先延ばし行動を持つ大学生にアクセプタンス&コミットメント・セラピーの心理教育を実施した症例報告 行動療法研究,42,147-158.
谷 晋二(2016).インクルーシブ社会に向けた<学=実>連環型研究――第2部 伴走的支援研究と<学=実>連環―― インクルーシブ社会研究,15,45-68.
谷 晋二(2017).ACTによる子育て支援 認知療法研究,10,11-20.
谷 晋二(2019).ACTの人生の意味とケースフォーミュレーション 精神療法,6,202-210.
谷 晋二(2020).特別支援教育分野への認知行動療法の適用と課題 認知行動療法研究,46,1-9.
Cuijpers P, Noma H, Karyotaki E, Vinkers CH, Cipriani A & Furukawa TA (2020) A network meta-analysis of the effects of psychotherapies, pharmacotherapies and their combination in the treatment of adult depression. World Psychiatry, 19, 92-107.
Zhou X, Zhang Y, Furukawa TA, Cuijpers P, Pu J, Weisz JR, Yang L, Hetrick SE, Del Giovane C, Cohen D, James AC, Yuan S, Whittington C, Jiang X, Teng T, Cipriani A & Xie P (2019) Different types and acceptability of psychotherapies for acute anxiety disorders in children and adolescents: A network meta-analysis. JAMA Psychiatry, 76, 41-50.
Furukawa TA, Karyotaki E, Suganuma A, Pompoli A, Ostinelli EG, Cipriani A, Cuijpers P & Efthimiou O (2019) Dismantling, personalising and optimising internet cognitive-behavioural therapy for depression: a study protocol for individual participant data component network meta-analysis. BMJ Open, 8, e026137.
Cuijpers P, Noma H, Karyotaki E, Cipriani A & Furukawa TA (2019) Effectiveness and acceptability of cognitive behavior therapy delivery formats in adults with depression: A network meta-analysis. JAMA Psychiatry, 76, 700-707.
Uwatoko T, Luo Y, Sakata M, Kobayashi D, Sakagami Y, Takemoto K, Collins LM, Watkins E, Hollon SD, Wason J, Noma H, Horikoshi M, Kawamura T, Iwami T & Furukawa TA (2018) Healthy Campus Trial: a multiphase optimization strategy (MOST) fully factorial trial to optimize the smartphone cognitive behavioral therapy (CBT) app for mental health promotion among university students: study protocol for a randomized controlled trial. Trials, 19, 353. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29973252
Pompoli A, Furukawa TA, Efthimiou O, Imai H, Tajika A & Salanti G (2018) Dismantling cognitive-behaviour therapy for panic disorder: a systematic review and component network meta-analysis. Psychological Medicine, 48, 1945-1953. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29368665
Bighelli I, Salanti G, Huhn M, Schneider-Thoma J, Krause M, Reitmeir C, Wallis S, Schwermann F, Pitschel-Walz G, Barbui C, Furukawa TA & Leucht S (2018) Psychological interventions to reduce positive symptoms in schizophrenia: systematic review and network meta-analysis. World Psychiatry, 17, 316-329. https://wiley.altmetric.com/details/47930364
大杉佳美・内山伊知郎 (2013)3歳児から5歳児における固体性の認識に関する探索行動の発達的検討. 発達心理学研究, 24 (2), 193-201.
大杉佳美・内山伊知郎 (2013)2,3 歳児における固体性の認識に関する探索行動について. 行動科学, 51 (2), 81-89.
菊田和代・三田村仰・武藤 崇 2016 常に不適応感に悩まされ,うつ病と診断されていた50 代男性に対する介入― ACT 初心者である臨床心理士の経験と考察― 行動療法研究, 42(3), 331-343.
菊田和代 2016 初心者が勘所を育てるにはどうすればよいか―大月(2016)へのリプライ― 行動療法研究, 42(3), 349-351.
菊田和代・石川信一 2017 認知行動療法プログラムの柔軟な適用―エクスポージャーに協働関係をいかした事例― 精神療法, 43(4), 93-101.
Ishikawa, S., Chen, J., Fujisawa, D., & Tanaka, T. (2019). The development, progress, and current status of cognitive behaviorur therapy in Japan. Australian Psychologist. 1-8. https://doi.org/10.1111/ap.12450.
Ishikawa, S., Kishida, K., Oka, T., Saito, A., Shimotsu, S., Watanabe, N., Sasamori, H., & Kamio, Y. (2019). Developing the universal unified prevention program for diverse disorders for school-aged children. Child and Adolescent Psychiatry and Mental Health. https://doi.org/10.1186/s13034-019-0303-2.
岸田広平・石川信一(2019).子ども用快活動尺度の作成および信頼性と妥当性の検討 認知行動療法研究,45,61-72.
岸田広平・石川信一(2019).児童青年の不安症と抑うつ障害に対する回避行動に焦点化した診断横断的介入プログラムの予備的検討 認知行動療法研究,45,73-85.
岸田広平・石川信一(2019).青年の怒りに対する認知行動療法:イライラを主訴とする中学生に対する実践 認知療法研究,12,130-140.
Ishikawa, S., Kikuta, K., Sakai, M., Mitamura, T., Motomura, N., & Hudson, J. L. (2019). A randomized controlled trial of a bidirectional cultural adaptation of cognitive behavior therapy for children and adolescents with anxiety disorders. Behavior research and Therapy, 120, 103432. https://doi.org/10.1016/j.brat.2019.103432
石川信一・石井 僚・福住紀明・村山 航・大谷和大・榊 美知子・鈴木高志・田中あゆみ(2018).短縮版児童用不安尺度 (Short CAS) 日本語版作成の試み――青年を対象とした信頼性と妥当性の検討―― 不安症研究,10 (1),64-73.
中西 陽・石川信一(2018).自閉スペクトラム症児のための社会的スキル尺度親評定版の作成 心理臨床学研究,36 (4),387-396.
長尾文子・石川信一(2018).児童養護施設で生活する社交不安症状が高い児童への認知行動的介入および施設職員に対する心理教育の導入 認知療法研究,11,217-226.
Ishikawa, S., Takeno, Y., Sato, Y., Kishida, K., Yatagai, Y., & Spence, S. H. (2018). Psychometric properties of the Spence Children’s Anxiety Scale with adolescents in Japanese high schools. School Mental Health, 10, 275–286.
大屋藍子・中瀬和葉・武藤 崇 (2017). 心理的非柔軟性を有する大学生の行動変動性はパーセンタイルスケジュールによって増大するか 神戸学院大学心理臨床カウンセリングセンター紀要, 10, 1-6.
Okajima, I., & Inoue, Y. (2018). Efficacy of cognitive behavioral therapy for comorbid insomnia: A meta-analysis.?Sleep and Biological Rhythms,?16(1), 21-35.
Okajima, I., & Chen, J. (2017). The effect of insomnia on changes in anxiety, depression, and social function after a transdiagnostic treatment targeting excessive worry.?Sleep and Biological Rhythms,?15(3), 243-249.
岡島 ?義(2017).不眠症の認知行動療法は何を改善しているのか?:媒介要因の検討 ?ストレスマネジメント研究,13(1),4-10.
Okajima, I., Nakajima, S., Ochi, M., & Inoue, Y. (2017).?Association among changes in sleep-related beliefs, sleep reactivity, and improvement of insomnia following cognitive behavioral therapy.?Sleep Medicine, 29, 96-97.
岡島 義(2016).睡眠歯科領域で活かす認知行動療法のエッセンス 睡眠口腔医学,3(1), 5-9.
岡島 義(2015).不眠の悪化によるうつ病再発の恐怖が拭えないクライエントに対する不眠の認知行動療法の実践 心理臨床学研究,32(6),652-661.
岡島 義・井上雄一(2014).うつ病に伴う不眠に対する認知行動療法の有効性に関する展望 行動科学,53(1),69-78.
Okajima, I.,?Nakajima, S., Ochi, M., & Inoue, Y. (2014). Reducing dysfunctional beliefs about sleep does not significantly improve insomnia in cognitive behavioral therapy.?PLOS ONE, 9(7),?e102565.
岡島 義・碓氷 章・井上雄一(2014).不規則睡眠-覚醒型概日リズム睡眠障害に対する光治療と認知行動療法の試み 睡眠医療,8(2),240-243.
岡島 義(2014).うつ病改善後の残遺不眠を訴える慢性不眠症患者に対する機能的アセスメントに基づく介入効果 行動療法研究,40(1),1-11.
Nakajima, S.,?Okajima, I., Sasai, T., Kobayashi, M., Furudate, N., Drake, C.L., Roth, T. R., & Inoue, Y. (2014). Validation of the Japanese version of the Ford Insomnia Response to Stress Test (FIRST-J) and the association of sleep reactivity with trait anxiety and insomnia.?Sleep Medicine,?15(2), 196-202.
Okajima, I., Nakamura, M., Nishida, S., Usui, A., Kanno, M., Nakajima, S., & Inoue, Y. (2013). Cognitive behavioural therapy with behavioural analysis for pharmacological treatment-resistant chronic insomnia.?Psychiatry Research, 210(2), 515-521.
Okajima, I., Nakajima, S., Kobayashi, M., & Inoue, Y. (2013). Development and validation of the Japanese version of the Athens Insomnia Scale (AIS-J).?Psychiatry and Clinical Neurosciences, 67(6), 420-425.
Takagaki, K.,?Okajima, I., Kunisato, Y., Nakajima, S., Kanai, Y., Ishikawa, S., & Sakano, Y. (2013). Preliminary assessment of the behavioral activation model in Japanese undergraduate students.?Psychological Reports, 112(1), 47-59.
岡島 義・国里愛彦・中島 俊・高垣耕企(2011).うつ病に対する行動活性化療法―歴史的展望とメタ分析― 心理学評論,54(4),473-488.
岡島 義・井上雄一(2009).慢性不眠症に対する認知行動療法の歴史と現状 睡眠医療,3,529-534.
岡島 義・金井嘉宏・陳 峻?・坂野雄二(2007).日本語版Liebowitz Social Anxiety Scale(LSAS)の因子構造―確認的因子分析による検討― 精神医学,49,829-835.
岡島 義・金井嘉宏・陳 峻?・坂野雄二(2007).社会不安障害における恐怖場面内での回避行動の評価―Avoidance Behavior In-situation Scaleの開発― 行動療法研究,33,1-12.
岡島 義・金井嘉宏・金澤潤一郎・坂野雄二(2007).社会不安障害に対する有効な治療法の展望―脳画像研究の観点から― 精神科治療学,22, 447-457.
岡島 義・坂野雄二(2006).社会不安障害に対するエクスポージャーのメカニズム―構造方程式モデリングを用いた因果モデルの比較検討― 精神科治療学,21,743-749.
Takehara, T., Ochiai, F., & Suzuki, N. (2015). Scaling laws in emotion-associated words and corresponding network topology.Cognitive Processing, 16, 151-163.
Takehara, T., Ochiai, F., & Suzuki, N. (2016). A Small-world network model of facial emotion recognition. Quarterly Journal of Experimental Psychology, 69, 1508-1529.
Takehara, T., Saruyama, M., & Suzuki, N. (2017) Dynamic facial expression recognition in low emotional intensity and shuffled sequences. North American Journal of Psychology, 19, 359-370.
竹原卓真・谷尻豊寿 (2015). 顔の魅力に対する黒目の大きさと瞼形状の相互作用効果. 日本感性工学会論文誌, 14, 491-495.
竹原卓真・谷尻豊寿 (2016). 年齢評価に対する鼻の長さ、顔の回転、性別の交互作用効果. 日本顔学会誌, 16, 93-98.
本研究センター・センター長の武藤崇による,以下のRCT論文が ,Behavior Therapy という海外の学術雑誌(Impact Factor= 3.694, SJR’s Journal Rankings= 73位(英語による心理学全領域の学術論文誌1044件中で)における「もっとも引用されたBehavior Therapyの論文(2011年?)」の一つに選出されました。

Muto, T., Hayes, S. C., & Jeffcoat, T. (2011). The effectiveness of Acceptance and Commitment Therapy bibliotherapy for enhancing the psychological health of Japanese college students living abroad. Behavior Therapy, 42, 323-335.
http://www.journals.elsevier.com/behavior-therapy/most-cited-articles
Akechi, T., Hirai, H., Motooka, H., Shiozaki, M., Chen, J., Momino, K., Okumura, T., & Furukawa, T. A. Problem-solving therapy for psychological distress in Japanese cancer patients: preliminary clinical experience from psychiatric consultations. Japanese Journal of Clinical Oncology, 38, 867-870, 2008
Essau, C. A., Lewinsohn, P. M., Seeley, J. R., & Sasagawa, S. Gender differences in the developmental course of depression. Journal of Affective Disorders, 127, 185-190, 2010
Essau, C. A., Ishikawa, S., Sasagawa, S., Sato, H., Okajima, I., Otsui, K., Georgiou, G. A., O'Callahan, J., & Michie, F. Anxiety symptoms among adolescents in Japan and England: Their relationship with self-construals and social support. Depression and Anxiety, 28, 509-516,2011
Essau, C.A., Sasagawa, S., Ollendick, T. H. The facets of anxiety sensitivity in adolescents. Journal of Anxiety Disorders, 24, 23-29, 2010
Funabiki Y, Kawagishi H, Uwatoko T, Yoshimura S, Murai T. Development of a multi-dimensional scale for PDD and ADHD. Res Dev Disabil 32, 995-1003, 2011
増田暁彦・武藤 崇・S.C.ヘイズ・J.リリス アクセプタンス&コミットメント・セラピーの実際:日本人クライエントへの適用事例 行動療法研究 34, 137-148, 2008
Masuda, A., Muto, T., Tully, E. C., Morgan, J., & Hill, M. L. (in press). Comparing Japanese college students’ and U.S. college students’ disordered eating, distress, and psychological inflexibility. Journal of Cross-Cultural Psychology, 45
Matsuoka, H., Himachi, M., Furukawa, H., Kobayashi, S., Shoki, H., Motoya, R., Saito, M., Abiko, Y., & Sakano, Y. Cognitive profile of patients with burning mouth syndrome in the Japanese population. Odontology, 98, 160-164, 2010
Matsunaga, M., Okamoto, Y., Suzuki, S., Kinoshita, A., Yoshimura, S., Yoshino, A., Kunisato, Y., & Yamawaki, S. Psychosocial functioning in patients with treatment-resistant depression after group cognitive behavioral therapy. BMC Psychiatry, 10, 22, 2010
松永美希・鈴木伸一・岡本泰昌・木下亜紀子・吉村晋平・山脇成人 うつ病に対する集団認知行動療法の展望 精神治療学, 22, 1081-1091, 2007
三田村 仰・松見淳子 アサーションの文脈依存性についての実験的検討:話し手と聞き手の観点から 対人社会心理学研究, 10, 77-86, 2010
三田村 仰・松見淳子 アサーション(自他を尊重する自己表現)とは何か?:“さわやか”と“しなやか”,2つのアサーションの共通了解を求めて 構造構成主義研究, 4, 158-182, 2010
三田村 仰・松見淳子 発達障害児の保護者向け機能的アサーション・トレーニング 行動療法研究, 35, 257-269, 2009
三田村 仰・松見淳子 相互作用としての機能的アサーション パーソナリティ研究, 18, 220-232, 2010
三田村 仰・武藤 崇 アクセプタンス&コミットメント・セラピーにおける治療効果のエビデンスに関する評価:ランダム化比較試験(RCT)における質と目的 認知療法研究, 51-61, 2012
宮田八十八・石川信一・佐藤 寛・佐藤正二 児童における社会的問題解決訓練用尺度の開発と訓練の効果 行動療法研究,36, 1-14, 2010
元村直靖 子どものトラウマケアと認知行動療法 トラウマティックストレス,11, 1 ,1-6, 2013
元村直靖・川端康雄・若林暁子 PTSDに対するトラウマ焦点型認知行動療法 日本サイコセラピー学会雑誌,13, 1 ,1-9, 2012
本岡寛子・松見淳子・林 敬子 「心配」の自己評定式質問紙:The Penn State Worry Questionnaire日本語版の信頼性と妥当性 カウンセリング研究, 42, 247-255, 2009
村井潤一郎・山田剛史・杉澤武俊 心理統計教育に関する教員・学生の意識調査 教育工学会論文誌, 33, 9-12, 2009
武藤 崇 アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)のトリートメント評価の実際:サイコセラピーがさらに「社会を動かす」ために何が必要か 心身医学, 52, 810-818, 2012
Muto, T., Hayes, S.C., & Jeffcoat, T. The Effectiveness of Acceptance and Commitment Therapy bibliotherapy for enhancing the psychological health of Japanese college students living abroad. Behavior Therapy 42, 323-35, 2011
Nakahachi, T., Ishii, R., Iwase, M., Canuet, L., Takahashi, H., Kurimoto, R., Ikezawa, K., Azechi, M., Sekiyama, R.,Honaga, E., Uchiumi, C., Iwakirim M., Motomura, N., & Takeda, M. Frontal activity during the digit symbol substitution test determined by multichannel near-infrared spectroscopy. Neuropsychobiology, 57, 151?158, 2008
中條信義・富岡重正・江口覚・高石和美・張剛太・佐藤健二 ガム噛みがストレス反応に与える影響 日本歯科麻酔学会雑誌, 35, 346-353, 2007
中西美和・佐藤 豪 ライフスパンで捉えたラケット感情の検討 心理学研究, 81, 373-380, 2010
野田 航・松見淳子 児童の漢字の読みスキルの保持・耐久性・応用に及ぼす流暢性指導の効果の実験的検討 行動分析学研究, 24, 13-25, 2010
Hata, T. Glutamate - a forgotten target for interval timing. Frontiers in Integrative Neuroscience, 5, 27, 2011
Hata, T., Chen, J Ebihara, K., Date, Y., Ishida, Y., & Nakahara, D. Intra-VTA or intracerebroventricular orexin-A increases intracranial self-stimulation threshold via activation of the corticotropin-releasing factor system in rats. European Journal of Neuroscience, 34, 816-826, 2011
樋町美華・岡島 義・大澤香織・羽白 誠・坂野雄二 痒みに対する不安が掻破行動を介して健康関連QOLに及ぼす影響 心身医学, 50, 387-395, 2010
樋町美華・岡島 義・羽白 誠・坂野雄二 成人型アトピー性皮膚炎患者の痒みに対する不安の研究―構造方程式モデリングを用いて― 心身医学,49,1111-1118, 2009
飯島雄大・佐々木淳・坂東奈緒子・浅井智久・毛利伊吹 日本語版Schizotypal Personality Questionnaire の作成と統合失調型パーソナリティにおける因子構造の検討 行動療法研究, 36, 29-41, 2010
井上雅彦 自閉症療育における応用行動分析学の研究動向と支援システム 小児科臨床, 61, 2446-2450, 2008
井上雅彦 自閉症に対するエビデンスに基づく実践を我が国に定着させるための戦略 行動分析学研究, 23, 173-183, 2009
井澤信三 行動上のつまずきがある子どもへの支援の実際:応用行動分析に基づくアプローチ LD研究, 20, 151-156, 2011
井澤信三・霜田浩信・氏森英亜 共同作業場面における自閉性障害生徒の社会的スキルに対する自己モニタリング指導の効果 行動療法研究, 33, 111-121, 2007
Ishikawa, S. Cognitive errors, anxiety, and depression in Japanese children and adolescents. International Journal of Cognitive Therapy, 5, 38?49,2012
石川信一・岩永三智子・山下文大・佐藤 寛・佐藤正二 社会的スキル訓練による児童の抑うつ症状への長期的効果 教育心理学研究 58,372-384, 2011
石川信一・菊田和代・三田村仰(2013).児童の不安障害に対する親子認知行動療法の効果 心理臨床学研究,31,364-375.
石川信一・元村直靖 心理士による児童青年のうつ病性障害に対する認知行動療法の実施:3事例の報告 行動療法研究,38,203-213,2012
Ishikawa, S., Motomura, N., Kawabata, Y., Tanaka, H., Shimotsu, S., Sato, Y., & Ollendick T. H. Cognitive behavioural therapy for Japanese children and adolescents with anxiety disorders: A pilot study. Behavioural and Cognitive Psychotherapy, 40: 271-285, 2012
Ishikawa, S., Okajima, I., Matsuoka, H., & Sakano, Y. Cognitive behavioural therapy for anxiety disorders in children and adolescents: A meta-analysis. Journal of Child and Adolescent Mental Health, 12, 164-172, 2007
石川信一・佐藤 寛・野村尚子・木谷村美香・河野順子・井上和臣・坂野雄二 不登校児童生徒における不登校行動維持メカニズムに関する検討:不登校機能アセスメント尺度適用の試み 認知療法研究,5,83-93,2012
石川信一・下津紗貴・下津咲絵・佐藤容子・井上祐紀 自閉症スペクトラム障害に併存する社交不安障害に対する認知行動療法 児童青年医学とその近接領域,53,11-24, 2012
伊藤大輔・佐藤健二・鈴木伸一 トラウマの開示が心身の健康に及ぼす影響:構造化開示群,自由開示群,統制群の比較 行動療法研究, 35, 1-12, 2009
伊藤 直・松見淳子 抑うつの行動理論に基づく快活動報告と気分との関係: 日記法による検討 パーソナリティ研究, 19, 65-67, 2010
Iwasa, K. & Ogawa, T. The Relationship Between Texture Responses on the Rorschach and Adult Attachment. Rorschachiana, 31, 4-21, 2010
亀岡智美・斉藤 梓・野坂祐子・岩切昌宏・瀧野揚三・田中 稔・元村直靖・飛鳥井望 トラウマフォーカス認知行動療法(TF-CBT)わが国での実施可能性についての検討 児童青年精神医学とその近接領域,54, 1, 68-80, 2013
Kanai, Y., Sasagawa, S., Chen, J., Shimada, H., & Sakano, Y. Interpretation bias for ambiguous social behavior among individuals with high and low levels of social anxiety. Cognitive Therapy and Research, 34, 229-240, 2010
河越隼人・杉若弘子 基礎的なカウンセリング技法の習得を促進するモデリングと言語 心理学研究, 82, 473-479, 2011
金 外淑・村上正人 気分変調を伴う強迫性障害患者への認知行動介入の1例 日本心身医学会誌 46, 223-231, 2006
金 外淑・村上正人・松野俊夫 全般性不安障害患者への認知行動的介入 行動療法研究, 32, 66, 2006
Kishita, N., Muto, T., Ohtsuki, T., & Barnes-Holmes, D. (2014). Measuring the effect of cognitive defusion using the Implicit Relational Assessment Procedure: An experimental analysis with a highly socially anxious sample. Journal of Contextual Behavioral Science, 3, 8-15.
Komada, Y., Nomura, T., Kusumi, M., Nakashima, K., Okajima, I., Sasai, T., & Inoue, Y. Correlations among insomnia symptoms, sleep medication use and depressive symptoms. Psychiatry and Clinical Neurosciences, 65, 20-29,2011
近藤直司・境 泉洋・石川信一・新村順子・田上美千佳 地域精神保健・児童福祉領域におけるひきこもりケースへの訪問支援 精神神経学雑誌,110,536-545, 2008
Oikawa, M., Aarts, H., & Oikawa, H. There is a fire burning in my heart: The role of causal attribution in affect transfer. Cognition and Emotion, 25, 156-163, 2011
及川昌典・及川 晴 無意識の認知,行動,動機づけ:同化効果と対比効果のメカニズムと調整要因 心理学評論, 53, 483-496, 2010
及川昌典・及川 晴 自己制御における意識と無意識:意識的編集と目標プライミングの効果 心理学研究, 81, 482-491, 2010
岡島 義・福原佑佳子・秋田久美・坂野雄二 Liebowitz Social Anxiety Scale for Children and Adolescents(LSAS-CA)日本語版の作成 児童青年精神医学とその近接領域,49,531-540, 2008
岡島 義・福原佑佳子・山田幸恵・坂野雄二・La Greca, A. M. Social Anxiety Scale for Children-Revised(SASC-R)とSocial Anxiety Scale for Adolescents(SAS-A)日本語版の作成 児童青年精神医学とその近接領域,50,457-468, 2009
岡島 義・井上雄一 睡眠薬治療中にも不眠症状が持続する2症例に対する認知行動療法 不眠研究,81-85, 2009
岡島 義・井上雄一 睡眠薬を長期服用している慢性不眠症患者に対する認知行動療法の効果 行動療法研究,36,195-203, 2010
Okajima, I., Kanai, Y., Chen, J., & Sakano, Y. (2009). Effects of safety behaviour on the maintenance of anxiety and negative belief social anxiety disorder. International Journal of Social Psychiatry, 55, 71-81, 2009
岡島 義・金井嘉宏・福原佑佳子・岡島純子 小・中学生における社会不安障害の認知行動モデルの構築とサブタイプの検討 カウンセリング研究,44,19-27, 2011
岡島 義・金井嘉宏・笹川智子・金澤潤一郎・秋田久美・陳 峻?・坂野雄二 社会不安障害尺度(Social Phobia and Anxiety Inventory日本語版)の開発 行動療法研究,34,297-309, 2008
Okajima, I., Komada, Y., & Inoue, Y. A meta-analysis on the treatment effectiveness of cognitive behavioral therapy for primary insomnia. Sleep and Biological Rhythms, 9, 24-34, 2011
Okajima, I., Komada, Y., Nomura, T., Nakashima, K., & Inoue, Y. Insomnia as a risk for depression: A longitudinal epidemiological study on a Japanese rural cohort. Journal of Clinical Psychiatry, 73, 377-383, 2012
岡島 義・坂野雄二 安全確保行動の修正が社会不安症状に及ぼす影響 精神医学,50,801-808, 2008
岡島 義・坂野雄二 社会不安障害における安全確保行動の役割 行動療法研究,34,43-54. 2008
岡村章司・藤田継道・井澤信三 自閉症者が示す激しい攻撃行動に対する低減方略の検討:兆候行動の分析に基づく予防的支援 特殊教育学研究, 45, 149-159, 2007
奥山高 光・井澤信三 自閉症児における自己および他者視点の左右弁別の形成:高次条件性弁別による分析と視点般化の検討 行動分析学研究, 24, 2-16, 2010
大澤香織・坂野雄二 外傷体験の記憶想起時における対処方略が外傷性ストレス反応に及ぼす影響:重回帰分析による検討 ストレス科学, 21, 223-232, 2007
大対香奈子・松見淳子 幼児の他者視点取得、感情表出の統制、および対人問題解決から予測される幼児の社会的スキルの評価 社会心理学研究, 22, 223-233, 2007
大対香奈子・大竹恵子・松見淳子 学校適応アセスメントのための三水準モデル構築の試み 教育心理学研究, 55, 135-151, 2007
大対香奈子・松見淳子 小学生に対する学級単位の社会的スキル訓練が社会的スキル・仲間からの受容・主観的学校適応感に及ぼす効果 行動療法研究, 36, 43-55, 2010
佐田久真貴・谷 晋二 被虐待児と母親への包括的支援:適応的な母子相互作用を作り出すカウンセリングの2事例から 行動療法研究, 33, 59-73, 2007
齋藤 瞳・馬場天信・木村 穣・田嶋佐和子・佐藤 豪・小崎篤志・上田加奈子・中嶋由紀子・岩坂壽 肥満外来におけるチーム医療の効果の検討:心理特性と減量効果との関係について 肥満研究, 13, 68-73, 2007
齋藤 瞳・佐藤 豪 交流分析に基づく自我状態のシフトと基本的構えの関連についての検討 心身医学, 47, 931-937, 2007
境 泉洋・滝沢瑞枝・中村 光・植田健太・石川信一・永作 稔・佐藤 寛・井上敦子・嶋田洋徳・坂野雄二 子どものひきこもり状態に対する親の否定的評価とストレス反応 カウンセリング研究,42,207-217, 2009
境 泉洋・坂野 雄二 ひきこもり状態にある人の親に対する行動論的集団心理教育の効果 行動療法研究, 36, 223-232, 2010
笹川智子・金井嘉宏・陳 峻?・嶋田洋徳・坂野雄二 児童期のレトロスペクティブな行動抑制傾向測定尺度日本語版の開発 行動療法研究, 34, 285-295, 2008
笹川智子・高橋 史・赤松亜紀・嶋田洋徳・野村 忍 日本の児童生徒における社会不安の特徴:Social Phobia and Anxiety Inventory for Children (SPAI-C)を用いた検討 心身医学, 49, 909-921, 2009
佐々木淳・有光興記・金井嘉宏・守谷 順 社会不安障害の異常心理学と認知行動療法 感情心理学研究, 18, 33-41, 2010
Sasaki, J., & Tanno, Y. Two cognitions observed in Taijin-kyofusho and social anxiety symptoms. Psychological Reports, 98, 395, 2006
佐藤 豪・馬場天信・中西美和・木村 穣・小崎篤志 ストレス、パーソナリティと喫煙行動の関連性について:アレキシサイミアとタイプA行動パターンとの関連から ストレス科学, 21, 217-222, 2007
佐藤 寛・今城知子・戸ヶ崎泰子・石川信一・佐藤正二・佐藤容子 児童の抑うつ症状に対する学級規模の認知行動療法プログラムの有効性 教育心理学研究, 57, 111-123, 2009
佐藤 寛・石川信一・下津咲絵・佐藤容子 子どもの抑うつを測定する自己評価尺度の比較:CDI,DSRS,CES-Dのカットオフ値に基づく判別精度 児童青年精神医学とその近接領域,50,307-317,2009
佐藤 寛・丹野義彦 日本における心理士によるうつ病に対する認知行動療法の系統的レビュー 行動療法研究, 38, 157-167, 2012
Sato, S., Ishikawa, S., Togasaki, Y. Ogata A., & Sato, Y. (2013). Long-term effects of a universal prevention program for depression in children: A 3-year follow-up study. Child and Adolescent Mental Health, 18, 103-108.
式部義信・井澤信三 継続的な不登校状態を呈したアスペルガー障害児への行動支援の効果:本人および保護者へのアプローチにおける検討 行動療法研究, 35, 271-282, 2009
下津咲絵・江村理奈・尾形明子・長尾文子・石川信一・比江島誠人・細見 潤 集団認知行動療法実施によるセルフスティグマの低減効果 精神科治療学,25,1241-1248, 2010
Shimotsu, S., Karasawa, K., Kawase, E., Ito, K., Saito, A., Izawa, H., & Horikawa, N. An investigation of anxiety about radiotherapy: Deploying the Radiotherapy Categorical Anxiety Scale. International Journal of Clinical Oncology, 15, 457-461, 2010
下津咲絵・長尾文子・江村里奈・尾形明子・石川信一・比江島誠人・細見 潤 地域クリニックにおける集団認知行動療法実践の試み 認知療法研究,4,76-85, 2011 
下津咲絵・坂本真士・堀川直史・坂野雄二 Linkスティグマ尺度日本語版の信頼性・妥当性の検討 精神科治療学,21,521-528,2006
Shiozaki, M., Hirai, K., Dohke, R., Morita, T., Miyashita, M., Sato, K., Tsuneto, S., Shima, Y., & Uchitomi, Y. Measuring of the regret of bereaved family members regarding the decision to admit cancer patients to palliative care units. Psychooncology, 17, 926-931, 2008
Shiozaki, M., Hirai, K., Koyama, A., Inui, H., Yoshida, R., & Tokoro, A. Negative Support of Significant Others Affects Psychological Adjustment in Breast Cancer Patients. Psychology & Health, 26, 1540-1551, 2011
塩崎麻里子・中里和弘 遺族の後悔と精神的健康の関連:行ったことに対する後悔と行わなかったことに対する後悔 社会心理学研究, 25, 211-220, 2010
Steger, M. F., Kawabata, Y., Shiami, S., & Otake, K The meaningful life in Japan and the United States: Levels and correlates of meaning in life. Journal of Research in Personality, 42, 660?678, 2008
Sugamura, G., Haruki, Y., & Koshikawa, F. Building more solid bridges between Buddhism and Western psychology. American Psychologist, 62, 1080-1081, 2007
Sugamura, G., Haruki, Y., & Koshikawa, F. Is absolute acceptance possible in psychotherapy? : Rethinking unconditional positive regard from the viewpoints of constructive psychotherapy and Shin Buddhism. Constructivism in the Human Sciences, 12, 195-211, 2007
杉浦義典 マインドフルネスにみる情動制御と心理的治療の研究の新しい方向性 感情心理学研究, 16, 167-177, 2008
Sugiura, Y. Responsibility to continue thinking and worrying: Evidence of incremental validity. Behaviour Research and Therapy, 45, 1619-1628, 2007
高垣耕企・岡島 義・国里愛彦・中島 俊・秋田久美・金井嘉宏・石川信一・坂野雄二 The Cognitive-Behavioral Avoidance Scale(CBAS)日本語版の作成 精神科診断学,4,104-113,2011
高垣耕企・岡島 義・坂野雄二 大学生の認知行動的特徴と抑うつ症状の変化との関連性:スキーマと行動の選択要因に焦点を当てて パーソナリティ研究,21,63-73, 2012
髙橋高人・百々尚美・大澤香織・金井嘉宏・坂野雄二 児童におけるリラクセーションを用いたストレスマネジメントの効果 ストレスマネジメント研究, 3, 35-40, 2006
髙橋高人・松岡紘史・岡島 義・樋町美華・古川洋和・山内 剛・坂野雄二 医療現場における身体疾患をもつ患者へのストレスマネジメントの有効性―メタ分析による検討― ストレス科学,24,215-227, 2009
髙橋高人・岡島 義・坂野雄二中学生における不安と抑うつ,そしてその双方が高い児童の社会的スキルの特徴 児童青年精神医学とその近接領域,51,1-9, 2010
高橋智子・山田剛史・小笠原恵 「特殊教育学研究」における一事例実験の処遇結果に関するメタ分析 特殊教育学研究, 47, 59-60, 2009
竹原卓真 銘柄の書体と酒瓶形状の組み合わせにおける酒の印象構造および金額評価. 日本感性工学会論文誌,日本感性工学会論文誌, 12, 255-263.
Takehara, T., Ochiai, F., Watanabe, H., & Suzuki, N. The fractal property of internal structure of facial affect recognition: A complex system approach. Cognition and Emotion, 21, 522-534, 2007
Takehara, T., Ochiai, F., Watanabe, H., & Suzuki, N. The relationship between fractal dimension and other-race and inversion effects in recognizing facial emotions. Cognition and Emotion,Cognition and Emotion, 27, 577-588.
Takehara, T., Ochiai, F., Watanabe, H., & Suzuki, N. Changes in the fractal dimensions of facial expression perception between faces in photographic negatives and positives. Perception, 40 (Supplement), 74, 2011
Takehara, T., Ochiai, F., Watanabe, H., & Suzuki, N. Changes in the fractal dimensions of facial expression perception between normal and noise-added faces. Perception, 41 (Supplement), 105, 2012
田中圭介・杉浦義典・清水健司・神村栄一 マインドフルネス瞑想の心配に対する効果:媒介変数の検討 認知療法研究, 4, 46-56, 2011
Uehara M, Hayashi A, Murai T, Noma S. Psychological factors influencing donors’ decision-making pattern in living-donor livertransplantation. Transplantation 27;92:936-942, 2011
鵜澤悦子・佐藤 豪・上里一郎・瀬戸正弘 禁煙継続者と喫煙再開者を区別する心理社会的要因の検索 心身医学, 51, 61-71, 2011
Vilardaga, R., Hayes, S. C., Levin, M. E., & Muto, T. Creating a strategy for progress: A contextual behavioral science approach. The Behavior Analyst, 32, 105-133, 2009
八木澤麻子・神村栄一・杉若弘子 社交不安を訴える10代女性に対する介入:“まちなか曝露”中心の介入の成果 行動療法研究, 36, 247-248, 2010
 
page top