同志社大学・実証に基づく心理・社会的トリートメント研究センター:Center for Wing of Empirically Supported Treatments

2017年1月

<2016年度 臨床心理学講座>
心理職のための「エビデンスにもとづく実践」入門:その基礎と実際
開催日:2017年1月22日(日)10:00-17:00
会 場:同志社大学今出川キャンパス継志館2階会議室
ただし,同キャンパス内での会場変更の可能性があります。変更があります場合は速やかにご連絡申し上げます
参加費:一般2,000円,学生1,000円
定員:80名(申込順)
申し込み
 参加のお申込の締切は1月15日(日)までとさせていただきます(会場には定員設定がございますので,早めのお申し込みをお勧めいたします)。
 また,申込方法は,メールでの受付のみとさせていただきます。その方法は,以下の通りとなります。
 宛先:rc-west@mail.doshisha.ac.jp
 件名:【EBP】参加申込み
 本文:(1)お名前,(2)ふりがな,(3)ご所属と職名(あるいは学年),(4)受付確認 メールの送信先,(5)領収書発行請求の有無
詳しいご案内
  1. 内容紹介
     1)講座1(心理職のためのエビデンス・ベイスト・プラクティスの基礎:原田先生):2時間(ご講演1.5時間+質疑応答0.5時間)
     2)休憩:1時間
     3)講座2(第3世代の行動療法のエビデンス:三田村仰先生):1.5時間
     4)講座3(エビデンス・ベイスト・プラクティスの例:武藤崇):1.5時間
     5)総合討論(原田先生,三田村仰先生,武藤):1時間
  2. 講師:原田 隆之(目白大学/准教授)/三田村 仰(立命館大学/准教授)/武藤 崇(同志社大学/教授)
  3. 主催:同志社大学実証に基づく心理・社会的トリートメント研究(WEST)センター,同志社大学心理学会

2016年7月

「2016年公開講座」
行動分析学的な高齢者ケアの実際−日米の違いをさぐる−
開催日:2016年07月23日(土)13:00−16:30
会 場:同志社大学今出川キャンパス 良心館地下階1番教室
参加費:無料
定 員:100名(先着順)
申し込み
 メールにて、以下の要領でお申し込みをお願いいたします。
 (1)宛先:rc-west@mail.doshisha.ac.jp,(2)件名:【ケア日米】参加申し込み,(3)本文:1)お名前,2)ふりがな,3)ご所属と職名(あるいは学年),4)受付確認メールの送信先
詳しいご案内
  1. 内容紹介
     1)アメリカにおける行動分析学的な高齢者ケア(および家族ケア)の実際
     2)高齢者ケア(および家族ケア)における日本人と米国人の違い

     <代表的なご研究>
     Iwasaki, M., Pierson, M. E., Madison, D., & McCurry, S. M. (2015). Long‐term care planning and preferences among Japanese American baby boomers: Comparison with non‐Japanese Americans. Geriatrics & Gerontology International, 4, doi: 10.1111/ggi.12601. [Epub ahead of print]
     Iwasaki, M., & Brown, A. (2014). Qualitative application of the acculturation model by Schwartz et al.: A sample of Japanese American women. Asian American Journal of Psychology, 5(4), 325.
  2. 講師:Michiko IWASAKI, PhD(Loyola University, Maryland)
  3. 主催:同志社大学・実証に基づく心理・社会トリートメント研究センター(WEST)

2016年2月

専門家向けワークショップ 子どものための認知行動療法
「幼児のためのファン・フレンズ&親のためのレジリエンスプログラム」
開催日:2016年2月11日(木)10:00~13:00
会 場:同志社大学 今出川校地 良心館RY409
参加費:一般:5,000円 学生:2,000円
定 員:50名 *当日は日本語訳が入ります
詳しいご案内
  1. 認知行動療法プログラム「フレンズ」って何??
    ・WHO(世界保健機関)とFisakらの研究者による系統的レビューによって不安症とうつ病の治療・予防効果が科学的に立証され、世界最高のプログラムであると認められました。
    ・あらゆる年齢層の人が受けられるように、発達過程に応じた4つの年代別プログラムが用意されています。
    ・保護者用、教師用、子ども用の教材が用意されています。
    ・2016年には、全てのセッションをオンラインで受講できるようになります。
    ・国際的な幅広い文化圏の人々(日本人を含む)への効果が証明された、唯一のプログラムです。
  2. 講師:Paula Barrett(Pathways Health and Research Centre, Brisbane, Australia)
  3. 主催:児童青年認知行動療法研究会、パスウェイズ・ジャパン(friendsprograms.jp)
  4. 後援:同志社大学・実証に基づく心理・社会的トリートメント研究センター(WEST),同志社心理学会
page top